商品の情報

レジスターの種類など

シャープというメーカーは液晶テレビや空気清浄機など白物家電も黒物家電など、製造販売している総合家電メーカであるが、そのシャープを始めとした各メーカーからレジスターは販売されていると思われる。 レジスターというのはスーパーマーケットやコンビニなど販売店に設置されている機械である。 そのレジスターなのだが最新の製品になると、コンピュータネットワークに接続して商品の情報や在庫の情報、さらには購入時間帯などを管理できるものもある。 それによって商品の売れ行きや、客の年齢層までデータとして蓄積できるので店舗に合わせた商品の販売が可能なのだ。 ちなみにこのようなレジスターはPOSレジと呼ばれていて、最近の主流となっている。

シャープ製POSレジのメリットなど

POSレジはネットワークに接続して商品情報や在庫などを店の他の各レジスターと共有できるといったメリットがある。 最近ではシャープが製造販売しているPOSレジの中には、金額を打つ際に使用する数字キーにタッチパネルを採用しているモデルもあり、レジスターの世界にもスマホ同様タッチパネル化が進んできているのである。 さらにこのシャープのレジスターは従来のレジスターのような優先接続ではなく、無線ラン機能を搭載しているので配線の必要がなく、設置なども用意なのだ。 また、クレジットカードリーダーも搭載されているので別にカードリーダを用意する必要がないので、コストパフォーマンスにも優れているといえるのではないだろうか。